月別: 2017年2月

看板が横浜にあるので、アーティスティックな科学の世界が多くの人に認知された

No Comments

横浜には神奈川県で一番多くの人口がいます。
街の至る所にはビルが建っており、ビルの屋上などには看板が立っていることがよくあるでしょう。
中心地から少し離れた空き地にも立っています。
看板の会社がわざわざ国道の目立つところに置いているのでしょう。
ラーメン屋の先例やコンビニまであと100mといったものまであります。
ですがその中でひときわ目立つのは、アーティスティックな科学の世界が
多くの人に認知されたという内容の看板です。
アーティスティックな世界や科学の世界は私たちの身近にもあります。
ただ私たちは意識をしていないため、それを認識することが難しいのです。
そういった看板が横浜にあることで、多くの人が認識することができるようになるのです。
やがて人々の価値観は変わっていくでしょう。
これは時代の流れというものになります。

製本された本はアーティスティックな科学と科学の世界についての本だった

製本された本はアーティスティックな科学と科学の世界についての本でした。
化学の世界はとても興味深いもので、深く追求すればするほど
アーティスティックになるのも不思議なところです。
これはデザインとも似ているところがあります。
デザインは機能を追求すればするほど、より美しくアーティスティックになります。
人が飛行機やロケット、F1マシンなどを見て美しいとすぐに感じるのは、
その機能がアーティスティックになっているからです。
化学も深く追求すればするほどアート性が強くなっていくのが不思議なところです。
人はそうしたところにアートを感じるものなのかもしれません。
単に物が並んでいるというのではなく、
意味を持って存在するということに美しさを感じるのかもしれません。