月別: 2018年10月

アーティステックな腎不全治療技術

No Comments

近年は、個性的なものが流行っていますが例えば医者の中にも治療をするときに個性的な治療する人もいます。
医者といっても様々ですし、雇われていなければ自営業と同じになりますのでどのような形で行っても患者さんの治療をすることができ結果的にその病気を快方に向かわせるならば何でもありといえます。
もちろん法律にのっとったやり方をする必要がありますが、特にそれ以外は個性的なやり方をしてもたいして問題ないわけです。

治療の技術はどんどん発展している

治療の技術は日進月歩で進化しているのが特徴です。
例えば、腎不全などの病気がありますが一昔前ならばなどだけを施すことができずそのまま寿命を迎えていたものの最近は透析などを行うことで10年以上延命させることができるようになっています。
長い人は30年近く延命した例もあり、それだけで大きく人生が変わってしまうのは間違いないことです。
このように考えると、医療の技術は非常に進化していることがわかりますがかといって必ずしも長生きをすればよいわけではないことは最近の人柄がよくわかっているはずです。
結局、人間が無理して長生きさせてしまった結果、痴ほう症などの問題が出てきてこれが非常に厄介な問題となっています。
あるいは、老人にもかかわらず無理して自動車を運転し逆走して事故を起こしてしまって他社を巻き添えにするようなこともあります。
はたしてこれが医療の目指していたところだとすればそれは大きな誤算と言えるでしょう。

手術の過程はアーティスティック

医療は進化したものの、まったく手を施さないわけにはいきません。
もちろん最終的には自分自身の判断になりますがある程度回復可能なものならば手術等をしてより良い結果を出すのは悪いことではないでしょう。
最近は、情報を秘匿しておくよりも公開する人の方が多くなってきておりこれは医療の現場においても例外ではありません。
手術の現場などで様々なことが明らかになってきていますが、例えば執刀医は自分の好みの音楽を聴きながら手術をするとテレビで話題になりました。
これだけでもアーティスティックなやり方といえますが、やはり医者が自分の実力を出すためには、自分が一番リラックスできる環境に身を置くのがよいでしょう。
音楽はやはり人間にとって重要なもので、運動選手などでも直前まで音楽を聴いて気持を柔らかくとして体も柔らかくしている人が少なくないです。
たとえ、手術中に音楽を聴いていたとしてもそれに対して批判する人はいないのは芸術が私たちの生活の中に浸透しているからといっても過言ではないです。

おススメHP
腎不全治療でお悩みの方は「こまつ鍼灸院」さんへ
https://komatsu-shinkyu.com/
Categories: アートなサイエンス Tags: タグ: , ,

サーフィン初心者が偶然アーティステックなテクニックを披露!?

No Comments

何事に置いても初心者というのは、大抵上手くいかないものです。
何度挑戦しても面白さを見いだせず、結局飽きてしまったり三日坊主で終わってしまうのも珍しくありません。
ただ、初心者なのにも関わらず偶然アーティステックなテクニックを披露できるとなると話は別です。
一瞬で虜になり、数十年に渡る趣味へと変化するかもしれません。
サーフィンはそんなドラマが巻き起こるスポーツなので、魅力をたっぷりお伝えできたらなと思います。

ビギナーズラックは起こりうる

ビギナーズラックとは初心者なのに上手くできることですが、非常に楽しいものです。
興奮しますし、自分はサーフィンができる人間なのだと自信に満ち溢れます。
海に入って2~3回目の波でいきなりサーフボードを操ることに成功し、更にボードの上に立ってしまうのはまさにビギナーズラックそのものです。
通常であれば、海に入ってサーフボードを操ることで精いっぱいです。
次々と押し寄せる波の意外と大きいパワーに圧倒されつつ、ほとんど何もできないまま疲労するのが通常の初心者です。
何回も波に乗ろうとするとタイミングが分かってきます。
その内、何回かは乗れますがボードの上に立つのは至難の業です。
ビギナーズラックというのはモチベーション的にもそうですが、技術的にも良い経験なのです。
波に乗る感覚、そしてボードの上に立つ感覚が曲りなりにも分かるので上達が早まります。
サーフィンのスキルを上達させるには、いかに波をコントロールできるかが重要です。

インストラクターも驚き

当然、ビギナーズラックを目にしたインストラクターも驚きです。
元々身体能力が高ければある程度できるかもしれませんが、それでもサーフィンは他のスポーツと同じで簡単にできるものではありません。
ただ、最初に上手くできたからと言ってインストラクターの仕事が終了する訳ではないです。
あくまでもビギナーズラックなので、パドリングのフォームや波乗り時の体の使い方は全然安定していません。
これらの基本部分を反復練習して身につけないと、いつまで経っても安定した波乗りができないです。
海には他のサーファーも波乗りを楽しんでいるので、下手なフォームで波乗りしていると嘲笑の的になってしまうかもしれませんね。
ビギナーズラックで上手く波乗りできたからと言って慢心せず、インストラクターの言葉や動作を吸収する姿勢が大切です。
ビギナーズラックはコツを掴む為の第一歩として有益ですが、慢心した途端に成長を阻害する邪魔者になりかねません。