タグ: 治療

アーティステックな腎不全治療技術

No Comments

近年は、個性的なものが流行っていますが例えば医者の中にも治療をするときに個性的な治療する人もいます。
医者といっても様々ですし、雇われていなければ自営業と同じになりますのでどのような形で行っても患者さんの治療をすることができ結果的にその病気を快方に向かわせるならば何でもありといえます。
もちろん法律にのっとったやり方をする必要がありますが、特にそれ以外は個性的なやり方をしてもたいして問題ないわけです。

治療の技術はどんどん発展している

治療の技術は日進月歩で進化しているのが特徴です。
例えば、腎不全などの病気がありますが一昔前ならばなどだけを施すことができずそのまま寿命を迎えていたものの最近は透析などを行うことで10年以上延命させることができるようになっています。
長い人は30年近く延命した例もあり、それだけで大きく人生が変わってしまうのは間違いないことです。
このように考えると、医療の技術は非常に進化していることがわかりますがかといって必ずしも長生きをすればよいわけではないことは最近の人柄がよくわかっているはずです。
結局、人間が無理して長生きさせてしまった結果、痴ほう症などの問題が出てきてこれが非常に厄介な問題となっています。
あるいは、老人にもかかわらず無理して自動車を運転し逆走して事故を起こしてしまって他社を巻き添えにするようなこともあります。
はたしてこれが医療の目指していたところだとすればそれは大きな誤算と言えるでしょう。

手術の過程はアーティスティック

医療は進化したものの、まったく手を施さないわけにはいきません。
もちろん最終的には自分自身の判断になりますがある程度回復可能なものならば手術等をしてより良い結果を出すのは悪いことではないでしょう。
最近は、情報を秘匿しておくよりも公開する人の方が多くなってきておりこれは医療の現場においても例外ではありません。
手術の現場などで様々なことが明らかになってきていますが、例えば執刀医は自分の好みの音楽を聴きながら手術をするとテレビで話題になりました。
これだけでもアーティスティックなやり方といえますが、やはり医者が自分の実力を出すためには、自分が一番リラックスできる環境に身を置くのがよいでしょう。
音楽はやはり人間にとって重要なもので、運動選手などでも直前まで音楽を聴いて気持を柔らかくとして体も柔らかくしている人が少なくないです。
たとえ、手術中に音楽を聴いていたとしてもそれに対して批判する人はいないのは芸術が私たちの生活の中に浸透しているからといっても過言ではないです。

おススメHP
腎不全治療でお悩みの方は「こまつ鍼灸院」さんへ
https://komatsu-shinkyu.com/
Categories: アートなサイエンス Tags: タグ: , ,